フォーシーズンズ美容皮膚科クリニックのブログ

厚生労働省から再生医療2種を認可されたフォーシーズンズ
最新の再生医療で変わりたい貴方をしっかりとサポートします



 ~ 季節も年齢も忘れて、人生を楽しむ♪ ~
 『季節も忘れて』

「フォーシーズンズ」とは、紫外線の気になる夏も、乾燥の気になる冬も、 冬の間の乾燥ダメージの蓄積により、保湿機能等が低下する春にも・・・ 四季を通じて潤ったお肌で過ごしていただきたい、お肌の荒れを気にすることなく、 上を向いて笑顔で歩く女性が増えてほしいという思いを込めています。

当クリニックに導入している再生医療では、ご自身の若い時の細胞をお肌に注入することで、 何年も前のお肌に戻っていただくことを目的としています。

施術を行う医師は、「国民的アイドル」「有名俳優」「スポーツ選手」など、数多く手掛けた美容業界カリスマ医師です。そのため安心・安全でダウンタイムもほとんどなく施術することが可能です

当院は、ハイクラスな治療を可能な限りお安くご提供することをモットーにしております。お肌の老化・トラブル・将来への不安で悩む皆様に、笑顔になって欲しい、いつまでも若々しく美しくあって欲しいと願うからです。

『高ければ良い』『安い=低品質』の時代は終わりです。トータルすると高額になりわかりづらく表示も致しません。
また比較して欲しいのは価格だけではありません。どんなに有名なクリニックでも施術者に豊富な経験と正しい知識、患者様に喜んで頂きたい思いがなければ満足頂ける結果は出ません。

"良いのはわかったけど、じゃあどこで…"と悩んでいる時間がもったいないです。先ずはカウンセリングを受ける一歩を踏み出してみませんか?

当院URL: https://four-seasons.jp

【再生医療の症例写真】ほうれい線治療

ほうれい線でお悩みで、肌の再生医療を行ったモニター患者様の症例写真です。


40代女性 治療後2年6ヵ月


ほうれい線はもとより、マリオネットラインを含む口の周りのたるみ、フェイスラインの崩れなどを訴えられていた患者さんです。治療後2年6か月というのにも注目してください。


「肌の再生医療はすごく持ちがいいのですね」
そういう言葉をいただきますが、持ちがいいのではなく肌に対する根本治療だから当然といえば当然です。


一方、根本治療ではなく対症療法(根本治療ではない)には、ボトックスやヒアルロン酸注入があります。


根本治療対症療法。何が違うのでしょうか?


インフルエンザで熱が出た。対症療法として解熱剤を飲みます。でも解熱剤には持続時間(効果の持ち)があって、それが切れてしまうと、また熱が出てしまいます。これが対症療法です。


一方、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)による治療は根本治療なので「効果の持ち」という概念はありません。治療すれば終わり。これが根本治療です。


また、抗インフルエンザ薬(タミフル、リレンザ)には直接的な解熱効果は全くありません。インフルエンザウィルスが体内から駆逐されることで、熱が下がるのです。これも根本治療の大きな特徴です。


肌の再生医療そのものには、しわを消したり、たるみを解消したり、クマを取るという直接的な効果はありません。肌再生されることで、結果として、クマが取れたり、しわが取れるのです。


詳細は、





#フォーシーズンズ美容皮膚科クリニック#肌再生医療#アンチエイジング三ノ宮#若返り神戸#神戸美容皮膚科#肌再生医療三宮#肌再生医療神戸#若返り三ノ宮#幹細胞移植#美肌#症例写真#PRP#PRP治療#ニキビ跡#毛穴#たるみ改善#リフトアップ#ほうれい線治療#目の下のクマ治療